キムシン日記

ブログ復活しました♪ 皆さんよろしくです!

ドリフト ミーティング R-14

いつも通り、ドリフトミーティングR14のお手伝いに行ってきました。今回も写真係です♪

たくさんのエントリーがあり、やはりドリフト人気はすごい!って感じでした。










↑ 女性ドライバーが多いのは、ドリフトの特徴です♪



↑ 小さな子も真剣に操縦です。楽しそうですね〜










  1. 2007/04/24(火) 00:09:25|
  2. レースレポート|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

4月 谷田部ラウンドレース その2

一応昨日のセッティングシート載せておきます。


B4のセットはエクチャン時とほとんど同じ。

BXのセットも先月のラウンド時とほとんど同じです。リアに1.4ミリのスタビをつけたぐらいです。


他に気になったのは、昨日の谷田部の路面は少し違いました。別に乾いている訳でも湿っている訳でもなく、でも動きはアンダーのようなオーバーステアのような微妙な感じでした。なんせラップが出ません・・・。新品タイヤが1番グリップした印象です。









  1. 2007/04/02(月) 19:19:49|
  2. レースレポート|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

4月 谷田部ラウンドレース

今日は気温がだいぶ上がって、春を通り越して夏を感じてしまうほどでしたね〜。実際静岡で32℃をマークしたらしいです、すごい!!!


それで今日はラウンド。2WD&4WDクラスのエントリーでした。相変わらずメンバーも豪華です。谷田部ラウンドは予選から一斉スタート、つまりレースみたいなものなので、予選3R&決勝1Rで計4回のレース経験ができます。そのためある意味1番の練習方法と言っても過言ではありません。

また、今回のレースは「前回の反省をきっちりと活かせるか?」を試す場でもありました。具体的には


欲を出さずにベストを尽くす


路面変化に合わせたタイヤ


そんな感じです。言葉そのままです。


結果、それを実行することができ、2WD・4WDクラス共に優勝することができました♪ 最高に嬉しいです!!! 師匠である三瓶選手との激しいバトルがありましたが、上の2つを実行できたことで勝てたと思います。

次回の目標は、もう少しラップタイムでアドバンテージを得ることです。基本ですが・・・。




↑ 2WD決勝リザルト



↑ 4WD決勝リザルト



↑ 頑張ってくれました。前回のような友達まではいきませんが、「ラジコンは知り合い」ぐらい走ってくれました。ありがとう♪♪♪

  1. 2007/04/01(日) 22:46:08|
  2. レースレポート|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

カクタス・クラッシック その2





カクタス終了したみたいです。結果は


4WDクラスで


広坂選手が準優勝


鈴木浩選手が5位


と、日本パワー&BXがアメリカを舞台に大活躍でした!特に決勝1R目は圧巻で、「Ryan Cavalieri」「Ryan Maifield」「Jared Tebo」「Neil Cragg」ら現役世界チャンピオン&ナショナルチャンピオンを抑えて堂々のワン・ツーフィニッシュ!!!

日本のレベルの高さと、BXの性能を十分にアピールできたんじゃないでしょうか。


それにしても浩さん、すごいですね〜。ライブ速報で予選からチェックしていたんですが、4WDクラス予選最終Rはプレッシャーのかかる中、アメリカ勢に負けないスーパーラップを叩き出し、見事Aファイナル進出を決めました。

これはもちろん嬉しいことだし、日本で一緒に戦っている自分達にとっても自信になる結果です。


皆さんお疲れ様でした。




↑ 2WD決勝結果



↑ 4WD決勝結果



↑ Novi Utsugi選手、カッコいいですね〜。この場合ステアリングを左にきって少しパワーを入れると傾きが修正できます。
  1. 2007/03/19(月) 12:30:12|
  2. レースレポート|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

カクタス・クラッシック その1





ご存知の方も多いと思いますが、今日からアメリカでEPバギー伝統のレース、カクタス・クラッシックが始まりました。F1だけじゃなくこちらも要チェックです!

日本からも広坂選手をはじめ、何人かのドライバーが出場しています。


で、すでに予選2Rが終わってるんですが、日本勢は苦戦しているようです。学校でライブ速報をチェックしていたんですが、日本勢はことごとくリタイヤ・・・。リアルタイムで走っているラップがわかるので、もどってこない・・・とか、スタートできてない・・・とか、そんなせつない瞬間がわかっちゃったりします。


しかしそんな流れでも、やはり広坂選手は違うようです。BXで出場している4WDクラスでは予選1R目トップ、2R目はラスト2周ってとこでRTしてしまいましたが、ぶっちぎりの速さをみせつけてくれました!

是非このままTQ&優勝を飾ってほしいですね!


みんな頑張れ〜
  1. 2007/03/17(土) 22:57:30|
  2. レースレポート|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ