キムシン日記

ブログ復活しました♪ 皆さんよろしくです!

ラジコン自分昔話 パート7

1996年末、その年の全日本は全て終わり、ラジコン界もオフシーズンです。

しかし、僕は谷田部アリーナでラジコンをしまくってました。特にそれまであまりやっていなかったオフロードをです。

翌年にオフロードの世界選手権があるとゆーことで、チームヨコモのメンバーも、我々チームルナも積極的にオフロードの練習をしたのです。

とは言え、僕のできる練習はひたすら走りこむことぐらいなので、タイムを計ってもらいながら1日30パック近く走っていたような気がします。


そんだけ走ったので、バギーにも慣れてきて、ある程度思い通りに操縦できるようになってました。バギーの基礎(ジャンプの飛び方、斜面の使い方など)も教えてもらってバッチリです!

が、しかし、ラップタイムが上がりません・・・。安定はしてるんですが遅いです・・・。

その後もいくら走ってもラップを上げることができません。


そんなプチスランプ中、チームヨコモの足立選手に走りを見てもらう機会がありました。1パックまるまるチェックしてもらって、言われた一言が


走りがオヤジだね


です。( ̄□ ̄;)!!

衝撃でした、僕はまだオヤジじゃないのに・・・、とか考えてたら説明してくれました

パワーが全然入ってない、もっとパワー入れて走れるようにならないと。若いんだから。

的な感じです。


たしかにその通りでした。僕はツーリング、つまりオンロードみたいな感じで無駄をはぶいて安定して走ろうとばかり考えていたのです。

それは大事なことですが、でも限界まで攻めていなかったら話になりません。


それを教えてもらった僕は、パワー命と決めて、モーターが1パックで壊れるくらい、新品タイヤが1パックでツルツルになるくらい、パワーを入れまくって練習しました!!!
  1. 2006/10/26(木) 14:03:16|
  2. 自分昔話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ラジコン自分昔話 パート6 | ホーム | 調子上向き!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinya5845.dtiblog.com/tb.php/93-239a155d