キムシン日記

ブログ復活しました♪ 皆さんよろしくです!

ラジコン自分昔話 パート9

1997年8月、僕はアメリカにあるランチピットで開催されたEPオフ世界戦に出場しました。

初めての海外、そして世界選手権とゆーこともあり、やっぱり何が何だかわからない状態でした。


少し早めに現地入りして練習もしました。覚えているのは、たしかその時は異常気象でものすごく暑かったことです。40℃オーバーです。日陰に置いてあるバッテリーも熱くなって充電してあるかわかんなくなるし、扇風機にあたっても熱風がきて余計に暑いし、のぼせて鼻血出て止まんないし、などなどいろんなことがありました。

そしてなんと言っても外国人選手の走りに衝撃です!みんなカッコ良く走ってます、速いです!初めてみるドライビングスタイルでした。


その後は数日のコースクローズがあり、ついに世界戦本番に突入します。

レース直前に父も合流して、僕のワガママ度もピークに達していた記憶があります。違う靴がほしい!Tシャツがほしい!サングラスがほしい!疲れた!帰りたい!つまんない!など、ラジコンとは関係ないところで、チームのみんなにかなり迷惑をかけましたm(u_u)m ただ、きれいな夕焼けをみながら怒られ続けた日々は、今となっては良い思い出です(笑)


そんなダメダメキャラを遺憾無く発揮していた僕ですが、肝心なレースの方は密かに自信をもっていました。はい、日本で調子が良かったので、調子にのってました(-з-)

そしてやっぱりレースで、自分の未熟さ、世界のレベルの高さを思い知らされます。


結果から書きますと

たしか50〜60位ぐらい

そんな感じで撃沈しました。ファイナルには進出できるだろう・・・、とか考えてた自分が恥ずかしいです。

敗因はもちろん実力不足です。どんなに走る車でも、当時の腕ではどうやってもファイナルには進めなかったと思います。

また、昨年の初全日本同様、経験不足も大きく響きました。つまり、自分の実力をフルに発揮することができなかったのです。

焦りからくるミス、無駄にパワーを入れ過ぎてしまう、周りを気にして集中できない、そして一番は


実力以上の結果を求めてしまっている


など、レース経験不足からくる精神的な影響が大きかったと思います。

実際に、当時の自分でもそれに少し気がつくことができました。レースになるとなんでミスが多くなるんだろう?って・・・。


そして世界のトップドライバー達の本気走りを見て、いろいろなドライビングスタイルがあり、人それぞれの特徴があると知りました。

つまり、どのスタイルが良いとゆー訳ではなく、自分にあった、車にあった、コースにあったドライビングスタイルがあり、それを見つけることが必要だと感じました。ってゆーかみんなカッコ良かったです!!!


そんな感じで、初世界戦は幕を閉じました。

続く・・・
  1. 2006/12/27(水) 14:15:20|
  2. 自分昔話|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<有馬記念! | ホーム | ラジコン自分昔話 番外編>>

コメント

なつかしい

ランチピット懐かしいね、毎日中華のテイクアウト食ってたような記憶しかありませんw
あれがKO時代に最後に行った世界戦だな、正美さんが2WDで勝った時の走りは凄かったと今でも思う。
  1. 2006/12/27(水) 18:23:47 |
  2. URL |
  3. やっしー #-
  4. [ 編集]

Re:なつかしい

やっしーさん

ほんとなつかしいですね〜。僕はダイエットコークラージ&フレンチフライ&チキンナゲッツを連発してました。それが唯一覚えた言葉です・・・。

決勝に残った日本人は正美さんだけだったので、僕も大声で応援した記憶があります。すごいレベルでしたね〜。
  1. 2006/12/28(木) 02:07:00 |
  2. URL |
  3. キムシン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する