キムシン日記

ブログ復活しました♪ 皆さんよろしくです!

オフロード・ウインターチャンプレポート

今回のレースは、全日本のリベンジ戦的な感じでもちろん優勝目指して挑みます。

大会エントリー数も230人とあいかわらずの大盛況ぶりです。僕はいつも同様2WD&4WDクラスのエントリーです。


前日練習ができなかったので、朝の練習走行でタイヤと車をチェックします。タイヤはホールショットワンメイクですが、コンパウンドはいつもと違い「M3」とゆー軟らかいコンパウンドがいい感じです。

タイヤを急遽変更して予選1回目に挑みます。まず2WDクラスは出足から好調で、ノーミスのままレース後半に入ります。車の調子も良くラップも速くて安定していたので、「このままいけば最強タイムでる!」とか調子にのった途端、ジャンプ空中で車がドリフト!そのまま横から着地して左リアが粉砕、RTでした・・・。

全日本4WDアゲインか?と悪夢がよぎりますが、気持ちを切り替えて4WD予選1回目に挑みます。結局普通にミスを連発して、ラップも微妙で総合4位で終えました。


予選2R目は路面コンディションが低下して、なかなかラップが上がらない様子です。2WDはミスを連発しますがどうにかまとめて総合5位、4WDは予選スタート直後のコースアウトがひびき総合3位で予選を終えます。

今回のレース、ライバルチームとして「ホットボディーズ」、「京商」が参加していましたが、特に京商勢が好調で両クラスとも三瓶選手・秋元選手に予選で負けてしまいました。決勝はこの京商勢がライバルです!


時刻は大勢の参加人数の影響で19時近いです。そして2WDクラス決勝がスタートします。車&タイヤは朝から何もかえてません。

スタート直後、パイプにフロントを引っ掛けてしまい出遅れます。が、前で混乱があったらしく気づけばトップになってました、2位走行は菊池選手。しかし、アンダーが強くなかなか後続を引き離せません。ってゆーか菊池選手が速いです!完全に真後ろにつかれロックオン状態です。

そしてロータリーコーナーで横に並ばれ、その後のヘアピンでかわされますが、その直後菊池選手が痛恨のミス、自分はトップ独走状態となりそのまま優勝することができました。


気分良く4WDクラス決勝を向かえます。考えたら2WDクラスは全日本を含め多々優勝経験があるものの、4WDクラスはあまり良い記憶がありません。なんとしても優勝したいです!

決勝スタート前、予選2位の三瓶選手にトラブルがあり最後尾スタートとなったので、僕の前には秋元選手ただ一人となります。

前半は無理せずいこう!と決めてスタートです。

2周目、後続車が離れたのでトップ秋元選手に仕掛けます。テーブルトップ後のヘアピンでパスすることができトップに立ちます。しかし、秋元選手は背後にくっついたままです。

秋元選手は安定性もあるのでミスをしたら負けます、プレッシャーがかかります。そのためか、僕は小さなミスをして順位は再び入れ替わります。

そしてまたしても僕はやってしまいました!!!巨大4連ジャンプでミスをしてその後です。

普段は見えないラインが見えてしまったのです!

ペナルティー&ノーコンなどあり結局3位でフィニッシュです。


反省です・・・。冷静さを欠きました。たらればですが冷静に走れていたら優勝は無理でも2位になれていた可能性はあるし、ほんとまだまだです。

次は絶対にクールマンになります!!!



↑ 大盛況です!



↑ 4WDクラス予選で男の走りを披露した小林さん(今度はちゃんと走ってる車撮ります 笑)



↑ 2WDはよかったです!
  1. 2006/10/16(月) 11:01:31|
  2. レースレポート|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10